HOME>注目記事>信頼できる業者に橋梁工事を発注【実績のある業者だと安心】

信頼できる業者に橋梁工事を発注【実績のある業者だと安心】

ミニチュア

橋梁工事の概要

橋梁工事とは一言で言いますと橋をかける工事のことです。大きく分けて下部工工事と上部工工事に分けられます。下部工工事とは橋の土台をつくる土木工事のことで、地中で橋を支える基礎となる部分を作り、橋脚を設置する工事です。逆に上部工工事は橋梁の支承(土台と橋をつないでいる部分)から上の部分を作る土木工事のことで、橋げたの架設や、落下防止用壁などの付属物の取付、塗装などを含めた橋梁の上部全体の土木工事のことです。

信用して工事を依頼できる業者の特徴

工事現場

料金設定についての特徴

信頼できる橋梁工事の業者は料金設定についても良心的です。良心的というのはただ単に安いというのではなく、その料金になった理由をはっきり説明してくれるということです。どんな工事であってもお金がかかるところはかかる、それをきっちり説明できる業者は信頼できると言えるでしょう。逆にそこがあやふやな業者は不当な料金を請求してきたり、あとで追加工事の料金を多額に請求されたりすることもあり得ます。

工事経験の長さやスタッフ教育の充実

信頼できる橋梁工事の業者に見られる特徴として工事の実績があげられます。橋梁工事は高い技術力が必要とされますので、技術力の高い業者は創業から長い年月が経過しており、年間の工事件数なども多いものです。長く多く工事の実績があればその分ノウハウも蓄積されていきます。また、スタッフ教育にも力を入れているものです。

国や地方自治体の指定業者あるいは工事実績があるか

橋梁工事はそのほとんどが国や地方自治体などによって発注されますので、そういった工事に参加、あるいは応札した経験のある業者、または指定の業者は一定の信頼ができると思ってよいでしょう。橋梁と言うのはひとつ間違えば大事故に繋がりかねない大工事です。それを国や地方自治体が発注した業者ということで、一応の基準や審査はクリアした業者と考えて良いでしょう。